ニュース

欧州男子インドネシアオープンの最新ゴルフニュースをお届け

2009年 インドネシアオープン
期間:02/26〜03/01 場所:ニュー・クタGC(インドネシア)

S.ウェブスターが単独首位に立つ!日本勢全滅!!

インドネシアはバリ島のニュー・クタGCで開催されている、欧州男子ツアー第12戦「インドネシアオープン」の2日目。スティーブ・ウェブスター(イングランド)が終盤の追い込みで通算6アンダーとし、単独首位に立っている。

9位タイで2日目を迎えたウェブスター。前半はイーブンパーでラウンドと、我慢のゴルフを展開。後半に入ってからも、15番まで1バーディ、1ボギーとスコアは動かず終盤へ。16番でバーディを奪い、この日初のアンダーパーをマークすると、続く2ホールも連続でバーディを沈め、通算6アンダーとし、単独首位に躍り出た。

<< 下に続く >>

ウェブスターに続くのは、ジェイミー・ドナルドソン(ウェールズ)と、サイモン・ダイソン(イングランド)の2人にデンマークのイエッペ・ハルダハル。注目を集めたのは66位タイからスタートしたハルダハル。7バーディ、1ボギーの「66」でベストスコアをマーク。予選落ち圏から一気に優勝争いに名乗りを挙げた。この勢いが続けはタイトルの可能性も十分だが、果たして明日はどうなるだろうか?注目したい。

活躍が期待された日本勢であったが、市原弘大がカットラインまで4打、丸山大輔が7打、そして清田太一郎は9打と遠く及ばずに予選落ちを喫した。なお、前回覇者のフェリペ・アグラー(チリ)に、ヨハン・エドフォーズ(スウェーデン)、リチャード・フィンチ(イングランド)らの有力選手も軒並み予選落ちを喫している。

おすすめ記事通知を受け取る

2009年 インドネシアオープン




特集

2021年上半期ランキング
日本勢の歴史的な快挙が続く2021年。2020年下半期と比較し、プロフィールへのアクセス数が急上昇した選手をランキング形式でご紹介します。意外な理由で注目度が上がった選手も! 1位に輝いた選手は誰?
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!