ニュース

欧州男子トロフィーランコムの最新ゴルフニュースをお届け

2003年 トロフィーランコム
期間:09/11〜09/14 場所:サンノラプレッシェGC(フランス)

R.グーセンが2位に3打差でツアー9勝目に王手!!

フランスのサンノラプレッシェGCで開催されている、2003年欧州ツアー第33戦『トロフィーランコム』の3日目。初日から首位を走る南アフリカのレティーフ・グーセンが、通算17アンダーで単独首位をキープ。昨年1月に行われた「ジョニーウォーカークラシック」以来のツアー9勝目に王手をかけた。

2位に4打差の14アンダーからスタートしたグーセンは、前日と同じように1番、3番でバーディを奪った。その後はボギーも3つ叩いたが、6つのバーディで3ストローク伸ばしている。2位との差は1つ縮まり3ストロークとなったが、このまま優勝しそうな勢いだ。

<< 下に続く >>

グーセンを3打差で追うのは、6バーディ、1ボギーの「66」を出し、5ストローク伸ばしたアイルランドのポール・マギンリーだ。昨年行われた「ライダーカップ」では、大方の予想を覆す見事な活躍で、チームの勝利に大きく貢献した。今シーズンのマギンリーは、カタールマスターズで3位に入ったが、それ以外は目立った活躍が出来ていない。

さらに1打差の13アンダー3位につけているのは、初日4位、2日目に2位に浮上したニコラス・コルサーツが粘りを見せている。コルサーツは、現在20歳でレギュラーツアーと2部ツアーを行き来していた。ツアーでは優勝経験はもちろん、トップ10以内に入ったこともない。今週は一気に賞金を稼ぐチャンスが巡ってきた。

そして、招待選手として出場しているアメリカのベン・カーティスだが、2日目にスコアを1落とし1アンダーになったが、この日はそれを上回る3オーバーを記録。通算でも2オーバーパーで74位まで後退してしまった。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2003年 トロフィーランコム




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
「全米オープン」は、9月17日(木)ウイングドフットGC(ニューヨーク州)で開幕

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!