ニュース

欧州男子WGC アクセンチュアマッチプレー選手権の最新ゴルフニュースをお届け

石川遼が2回戦敗退 タイガーも姿を消す

◇世界ゴルフ選手権◇WGCアクセンチュアマッチプレー選手権2日目◇リッツカールトンGC(アリゾナ州)◇7791ヤード(パー72)

2回戦16試合が行われ、日本勢でただ一人出場の石川遼ポール・ローリー(スコットランド)と対戦し、中盤以降は劣勢を強いられ、1ダウンで敗れた。

ロリー・マキロイ(北アイルランド)、リー・ウェストウッド(イングランド)、マーティン・カイマー(ドイツ)らが3回戦に進出。昨年の日本ツアー賞金王ベ・サンムン(韓国)はマスターズ王者のチャール・シュワルツェル(南アフリカ)を1アップで撃破した。一方、タイガー・ウッズニック・ワトニーの前に敗戦を喫している。

<上がり2ホールでの挽回にかけたが…>
1999年の「全英オープン」覇者との対戦となった2回戦。石川は3番で1ダウンを喫し、早々に追いかける立場となった。4番で取り返すも、5番、6番、7番と交互に奪い、シーソーゲームの展開に。しかし9番で2ダウン目を喫してからも食い下がったが、なかなかローリーを捕らえきれない状態が続いた。

石川にチャンスが訪れたのは終盤の17番。それまで正確無比だったローリーが、ティショットを左に曲げてトラブルを招く。危なげなくパーセーブした石川は、1ダウンで最終18番に勝負を持ち込んだ。しかし「18番で追いつくことができればと思ってプレーしていましたが、最後のアイアンショットは少しだけ力が入ってしまいました」。フェアウェイから放った石川の2打目はピン奥4mで止まったが、下りのバーディパットがカップの右をすり抜けてしまい、1ダウンでの敗戦が決まった。

2012年 WGC アクセンチュアマッチプレー選手権




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
松山英樹や石川遼の活躍で注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのスマートフォンへお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~