ニュース

欧州男子アブダビHSBCゴルフ選手権の最新ゴルフニュースをお届け

T.ウッズ、復活Vならず!R.ロックが逃げ切り勝利

◇欧州男子◇アブダビHSBCゴルフ選手権最終日◇アブダビGC(UAE)◇6,934ヤード(パー72)

タイガー・ウッズの復活勝利に注目が集まった最終日。僅差に強豪が名を連ねる優勝争いを制したのは、34歳のロバート・ロック(イングランド)。この日は「70」をマークして通算13アンダーまで伸ばし、リードを守りきって逃げ切り優勝を飾った。ロックは2011年の「BMWイタリアオープン」に続くツアー通算2勝目。

通算12アンダーの単独2位には、昨年の「全米オープン」覇者、ロリー・マキロイ(北アイルランド)が続いた。首位に2打差の3位タイからスタートしたマキロイは、4バーディ、1ボギーと3ストローク伸ばして単独2位に滑り込んだ。

ロックと並んで首位タイからスタートしたタイガー・ウッズは、2番、3番で連続バーディを奪うも、続く4番、5番を連続ボギーとしてしまう。しかし中盤ロックがボギーを叩いて後退すると、タイガーが詰め寄り1打差でハーフターンを迎えた。だが、勝負のサンデーバックナインでタイガーは10番をボギーとすると、挽回のチャンスを得られないまま足踏みを続けてホールアウト。復活Vとはならなかったものの、今季初戦で通算11アンダーの3位タイと上々の滑り出しを見せた。

同じく3位タイには、2010年の「全米オープン」覇者、グレーム・マクドウェル(北アイルランド)、昨季3勝を挙げているトーマス・ビヨーン(デンマーク)が並んだ。さらに通算10アンダーの6位タイには、マッテオ・マナッセロ(イタリア)、ジョージ・コートジー(南アフリカ)の2選手が続いている。

2012年 アブダビHSBCゴルフ選手権




特集

2018フェデックスカッププレーオフ 1000万ドルは誰の手に!?
1000万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹と小平智の現在地も!
松山英樹や石川遼の活躍をiPhoneへお届け【GDOゴルフ速報アプリ】
松山英樹や石川遼の活躍で注目度が高まっている米PGAツアーや、国内男女ツアーなどの試合速報をいち早くあなたのスマートフォンへお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~