ニュース

欧州男子バークレイズ・シンガポールオープンの最新ゴルフニュースをお届け

大会は54ホールに短縮、丸山大輔が暫定13位タイ

◇欧州男子◇バークレイズ・シンガポールオープン 3日目◇セントーサGC(シンガポール)

前日の悪天候によるサスペンデッドのため第2ラウンドの未消化ホールからスタートしたが、この日も現地時間の11時47分に雷による中断を強いられた。約5時間半の中断後にサスペンデッドとなり、大会運営は競技を54ホールに短縮することを決定。第3ラウンドは現地時間の明朝7時30分からの再開を発表した。決勝ラウンドに進んだ全80選手中、57名の選手がティオフしていない。

第2ラウンドを終え、スペインのゴンサロ・フェルナンデスカスタノが通算15アンダーで暫定単独首位に立っている。カスタノは1イーグル、9バーディ、1ボギーと、第2ラウンドの最少スコアである「61」をマークしている。

「中断がもたらす集中力への影響は大きい。雷雨が、僕のスタート前だったことが逆にラッキーだった」とその巡ってきたチャンスを大いに活かした。カスタノは今季「カスティーヨ・マスターズ」で単独2位フィニッシュ。シーズン終盤に入ってから調子をあげてきている。

通算12アンダーの暫定2位タイにはエドアルド・モリナリ(イタリア)と、ジェームズ・モリソン(イングランド)が並んでいる。通算10アンダーの暫定単独4位にはジュビック・パグンサン(フィリピン)が続いている。

日本勢では第2ラウンドを終えて、丸山大輔が通算7アンダーの暫定13位タイ、市原弘大が通算3アンダーの暫定49位タイで予選通過を果たしている。平塚哲二は通算2オーバーの133位タイ、小山内護丸山茂樹は通算3オーバーの141位タイ、岩田寛は通算5オーバーの155位タイで予選落ちとなっている。

おすすめ記事通知を受け取る

2011年 バークレイズ・シンガポールオープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。