ニュース

欧州男子ポルトガルマスターズの最新ゴルフニュースをお届け

2011年 ポルトガルマスターズ
期間:10/13〜10/16 場所:Oceanico Victoria Golf Course(ポルトガル)

上位争いは大混戦の中、J.キングストンが単独首位!

◇欧州男子◇ポルトガルマスターズ初日◇オセアニコヴィクトリアGC(ポルトガル)7,231ヤード(パー72)

首位と3ストローク差に30人以上がひしめく混戦の初日、8アンダーでジェームズ・キングストン(南アフリカ)が単独首位に立っている。45歳のキングストンは、ハーフターンを挟む5連続の圧巻のバーディラッシュを見せると、16番(パー3)でボギーを叩くも、トータル9つのバーディを量産。「64」をマークして混戦を抜け出した。

通算2勝を挙げているキングストンは、ここ2週連続で予選落ちを喫し、「ショットのフィーリングに悩んでいただけに、今日は良いゴルフができて良かった」と復調の兆しに安堵した。

7アンダーの2位タイにはトーマス・ビヨーン(デンマーク)、リース・デービス(ウェールズ)、サイモン・カーン(イングランド)、ガレス・メイビン(北アイルランド)、ベルント・ウィスバーガー(オーストリア)の5選手が並んでいる。

現在世界ランク6位のマーティン・カイマー(ドイツ)は、開幕前「ロースコアでのラウンドが上位の必須条件」と予測。125名の出場選手中、アンダーパーでのラウンドは96人と、その予測を的中してみせた。そのカイマーは、5アンダーの16位タイとまずまずのスタートを切っている。

おすすめ記事通知を受け取る

2011年 ポルトガルマスターズ




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!