ニュース

欧州男子メイバンク・マレーシアオープンの最新ゴルフニュースをお届け

2011年 メイバンク・マレーシアオープン
期間:04/14〜04/17 クアラルンプールG&CC(マレーシア)

R.マキロイが暫定首位、M.カイマーは暫定5位タイに急浮上

マレーシアのクアラルンプールGCで開催されている、欧州男子ツアー第9戦「メイバンク・マレーシアオープン」の3日目。この日は第2ラウンドの未消化ホールを全選手がホールアウトすると、豪雨により再び約3時間半の中断を余儀なくされた。この中断の影響で、3日目も日没サスペンデッドとなり、決勝ラウンドに進んだ74名のうち、12選手のみがホールアウト。残りの62名は、未消化ホールと第4ラウンドを現地時間の明朝7時40分から再開する。

3日目は、9ホールを残してロリー・マキロイ(北アイルランド)が暫定首位の座をキープしている。スウェーデンのアレックス・ノレンと通算11アンダーでスタートしたこの日、1番から8番までをすべてパーセーブとするが、サスペンデッド直前の最後のホールで、約3メートルのバーディパットを沈めて通算12アンダーとしている。一方ノレンは10ホールを残し、3バーディ、2ボギー、1ダブルボギーとスコアを1つ落として暫定2位タイにつけている。

同じく暫定2位タイに並ぶのは、マッテオ・マナッセロ(イタリア)と、グレゴリー・ボウディ(フランス)の2人。マナッセロは9ホールを残して、3つのバーディを奪って再浮上、さらにボウディは4ホールを残して、7バーディ、1ボギーと一気に上位争いに名乗りを挙げた。

また、世界ランク1位のマーティン・カイマー(ドイツ)が、3ホールを残して6バーディ、ノーボギーの快進撃で暫定5位タイ、王者の貫録を見せつけている。日本から出場している平塚哲二は4ホールを残して、通算5アンダーの暫定19位タイ、久保谷健一は7ホールを残して通算3アンダーの暫定34位タイ、市原弘大は、通算イーブンパーの暫定55位タイでホールアウトしている。

おすすめ記事通知を受け取る

2011年 メイバンク・マレーシアオープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。