ニュース

欧州男子ドバイデザートクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

タイガー不発、親友のM.オメーラが6年ぶりの優勝

アラブ首長国連邦ドバイにあるエミレーツゴルフクラブで行われている、欧州男子ツアーの第8戦「ドバイデザートクラシック」の最終日。2位以下に3打差つけてスタートした47歳のマーク・オメーラ(米国)と37歳のポール・マギンリー(アイルランド)。優勝争いは2人による一騎打ちの展開となった。

オメーラは3番から5番で3連続バーディを奪い一歩リード。6番でボギーを叩くも、11番でバーディを取り返し17アンダーをキープ。

<< 下に続く >>

一方、マギンリーは13番でバーディを奪いオメーラに1打差まで詰め寄ったが、16番のティショットを左に曲げ、このホール痛恨のボギーを叩いた。最終18番パー5で2オンに成功し見せ場を作るも、イーグルを奪うことができず、オメーラが1998年「全英オープン」以来、6年ぶりの優勝を手中に収めた。

注目のタイガー・ウッズ(米国)は、前半で3つスコアを伸ばすと、10番パー5で快心のイーグルを奪取。通算13アンダーまで伸ばし逆転優勝を匂わせたが、14番、17番でボギーと肝心なところでアイアンショットの距離感が合わず失速。通算12アンダーで競技を終えた。

一方、タイガーとの直接対決が注目されたアーニー・エルス(南アフリカ)は、最終日にバーディラッシュ。7バーディノーボギーとこの日のベストスコア“65”をマークし、通算13アンダーの3位に浮上し意地をみせた。

おすすめ記事通知を受け取る

関連リンク

2004年 ドバイデザートクラシック




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!