ニュース

欧州男子オメガ・ヨーロピアン・マスターズの最新ゴルフニュースをお届け

2005年 オメガ・ヨーロピアン・マスターズ
期間:09/01〜09/04 クラン・シュル・シエールGC(スイス)

S.ガルシアが首位を守りきって優勝!見事混戦を制す

スイス、クラン・シュル・シエールGCで開催されている、欧州男子ツアー第34戦「オメガ欧州マスターズ」最終日。セルヒオ・ガルシア(スペイン)が昨日までの1打差を守りきり通算14アンダー、初日から混戦模様が続いた今大会で見事優勝を決めた。2位にはピーター・グスタフソン(スウェーデン)が単独で入った。

この日3番までパーと静かな滑り出しを見せたガルシアは、4番から連続バーディ、1つ置いて7番からも連続バーディを奪取。昨日のゴルフから一転、流れを取り戻した。しかし、後半に入ってから10番をいきなりボギーにしてしまい、ここからは我慢のゴルフが続いた。その後14番で2つ目のボギーを叩くものの、なんとか16番ショートホールをバーディで切り抜け、この日3アンダー、1打差をなんとか守りきっての優勝を遂げた。

そのガルシアを脅かしたのが、この日「64」をマークし、猛チャージをかけたグスタフソンだった。11位タイからスタートしたグスタフソンは、出だしから連続バーディを奪い一気に波に乗った。その後もバーディを積み重ね、10番で1つボギーを叩くも、8バーディ1ボギーと素晴らしい内容を見せた。惜しくも優勝には届かなかったが、1打差の単独2位でのフィニッシュで今大会を終えた。

そのほか、昨日ガルシアに1打差と迫ったゲーリー・ヒューストン(ウェールズ)は思うようにスコアを伸ばし切れず、通算4位タイに終わっている。

おすすめ記事通知を受け取る

2005年 オメガ・ヨーロピアン・マスターズ




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。