ニュース

欧州男子WGC NECインビテーショナルの最新ゴルフニュースをお届け

2005年 WGC NECインビテーショナル
期間:08/18〜08/21 ファイヤーストーンCC(米国オハイオ州)

タイガー18番でダボを叩くも首位をキープ!丸山は39位タイに浮上

オハイオ州のファイヤーストーンカントリークラブで行われている、WGC(世界ゴルフ選手権)「NECインビテーショナル」の2日目。この日、通算4アンダーで首位に名を連ねたのが、世界ランク1位の王者タイガー・ウッズと、若手のルーク・ドナルド(イングランド)だった。

2日目のタイガーは我慢のゴルフとなった。出だしからパーセーブを続け、5番、10番でなんとかバーディを奪ったものの、その後14番ではボギー。すぐさま、15番でバーディを奪い取り返したが、18番で痛恨のダブルボギーを叩き、結局イーブンパーでホールアウト。この日は、スコアを伸ばすことができなかった。決勝ラウンドで、チャージをかけられるか注目したい。

そんなタイガーとは対照的に、2日目に3つスコアを伸ばし、首位タイに浮上してきたのがドナルドだ。13番から15番で3連続バーディを奪うなど、後半一気にチャージ。4バーディ、1ボギーというクレバーなプレーを見せた。

さらに、通算3アンダーの3位タイグループにも強豪がひしめく。世界ランキング2位のビジェイ・シン(フィジー)を始め、トーマス・ビヨーン(デンマーク)、ヘンリック・ステンソン(スウェーデン)、クリス・ディマルコら、総勢5人が虎視眈々とトップの座を狙う。

そのほかの注目選手では、セルヒオ・ガルシア(スペイン)が、通算2アンダーの8位タイ。先週メジャー最終戦「全米プロゴルフ選手権」で優勝した、世界のレフティ、フィル・ミケルソンも1オーバーの20位タイと、まずまずのポジションにつけている。上位陣が伸び悩んでいるだけに、まだまだ優勝の可能性も十分だ。

最後に日本勢だが、この日は丸山茂樹がパープレーを展開。通算5オーバーとし、39位タイへ浮上。一方、前日13位タイの好位置につけていた細川和彦は、8つスコアを落とす大乱調となってしまい、通算8オーバーの56位タイへと後退している。

おすすめ記事通知を受け取る

2005年 WGC NECインビテーショナル




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。