ニュース

欧州男子全英オープンの最新ゴルフニュースをお届け

2005年 全英オープン
期間:07/14〜07/17 セントアンドリュース オールドコース(スコットランド)

ダブルグランドスラムに向け、タイガー・ウッズが一人旅を開始!

この日のタイガーはノーボギーでラウンド。最終18番ではフェアウェイウッドによるティショットを左に引っ掛けるシーンが見られたが、課題のティショットもほぼ安定。2000年の全英オープンを圧倒的な強さで勝った“強いタイガー”が蘇り、11アンダーで2位に4打差をつけている。

4大メジャーの中では全英オープンを除きすべて2勝以上しているタイガー。このまま優勝すればすべてのメジャーを2勝以上するというダブルグランドスラムを達成する。この記録はジャック・ニクラスに続き史上2人目の快挙。ニクラスは本大会でメジャーからの引退を表明しているだけに、帝王と呼ばれたニクラスが引退するコースで、帝王に並ぶ大記録達成という歴史的シナリオが実現することになる。

トップと4打差の2位には、地元・スコットランドのコリン・モンゴメリー、さらに6アンダーの3位タイにはビジェイ・シン(フィジー)、5アンダーの10位タイにはセルヒオ・ガルシア(スペイン)など強豪勢も好位置をキープ。タイガーの一人旅を食い止めるためには、3日目のムービングデーにどこまで追い上げられるかがカギになりそうだ。

日本人選手では藤田寛之が6バーディ、2ボギーと4つスコアを伸ばしトータル4アンダー、15位タイと大健闘。「パットが良く入った」という藤田だが、実は体調が最悪だった。現地入り後にかぜをひき、今日も薬を飲みながらのプレー。「4日分のバーディが全部出てしまった」と茶目っ気を見せたが、心中は上位入賞を狙っているはず。最悪の体調をながら最高のプレーを見せている、小さな藤田の大きな舞台での活躍に期待したい。また、高山忠洋もスコアを伸ばせなかったがトータルイーブンパーの55位タイ。日本人選手ではこのメジャー初挑戦の2人が予選を通過した。残念ながら期待された丸山茂樹は5オーバーの114位タイ、谷口徹は9オーバーの139位タイと予選落ちとなった。

2日目最も注目を集めたのは、やはり本大会でメジャーを引退するジャック・ニクラスだった。この日はイーブンパーでラウンドしたものの、初日の3オーバーが響き予選落ちが決定。メジャー最後のホールとなった18番ではギャラリーのスタンディングオベーションに迎えられ涙ぐむシーンも。しかし、帝王は最後まで帝王だった。自身メジャー最終ホールをバーディフィニッシュ。この瞬間を見るために集まった世界中のギャラリーからの大歓声で締めくくった。

おすすめ記事通知を受け取る

2005年 全英オープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。