ニュース

欧州男子カールズバーグ・マレーシアオープンの最新ゴルフニュースをお届け

連覇を狙うT.ジェイディが暫定首位!すし石垣が暫定25位

欧州男子ツアーの第7戦「カールズバーグ・マレーシアオープン」が、マレーシアのクアラルンプールにあるサウジャナG&CCで開幕した。今週は欧州PGAツアーとアジアンPGAツアーの共同開催となっている。

大会初日、日没サスペンデッドになったが、ディフェンディングチャンピオンのトンチャイ・ジェイディ(タイ)が、8アンダー64をマークし暫定ながら首位に立った。4番パー4でのイーグルを含む6バーディを奪う快進撃を見せた。ジェイディは、1995年にオメガツアー、2001年にダビドフツアー(共にアジアPGAツアー)で賞金王になるなどアジア勢のエース的存在だ。昨年は3日目にスコアを伸ばし優勝を果たしたが、今年は初日から突っ走ってしまうのだろうか。

首位ジェイディを3打差の5アンダーで追うのは、E.カノニカ(イタリア)、P.エドバーグ(スウェーデン)、N.ファス(スウェーデン)の3人。ファスは先週行われた「HNZオープン」で22アンダーをマークし、プレーオフの末優勝を果たしている。2週連続優勝も狙える好スタートを切った。

今週日本からは、佐藤信人、溝口英ニ、すし石垣の3名が出場。日本勢のなかで、好スタートを切ったのはJGTOの副会長を務めるすしだった。1イーグル3バーディ3ボギーのアグレッシブな内容で、2アンダーの暫定25位タイ。佐藤は5つのバーディを奪うも、1ボギー2ダブルボギーと出入りの激しい展開となり、イーブンパーの暫定60位タイ。溝口は1オーバーの暫定87位タイと出遅れている。

おすすめ記事通知を受け取る

2005年 カールズバーグ・マレーシアオープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。