ニュース

欧州男子カルテックスマスターズの最新ゴルフニュースをお届け

2005年 カルテックスマスターズ
期間:01/27〜01/30 ラグーナナショナルG&CC(シンガポール)

ベテランのモンティ、ビヨーン撃沈!若手のドハティが初勝利

シンガポールにあるラグーナナショナルG&CCで行われている、欧州男子ツアー第5戦「カルテックスマスターズ presented by カールズバーグ シンガポール 2005」の最終日。首位を走る2002年の新人王、若干22歳のニック・ドハティ(イングランド)に、ベテラン41歳のコリン・モンゴメリー(スコットランド)、トーマス・ビヨーン(デンマーク)が追いかける展開。勝負は最終ホールまで分からない見ごたえのある試合となった。

前半、追いかける立場のモンゴメリーは3番、5番でピンに絡ませる絶妙なショットでスコアを2つ伸ばし、序盤で首位に追いついた。だが、ドハティは8番パー3、11番パー5でバーディを奪い再び一歩抜け出す。また出だしの2番でダブルボギーを叩いたビヨーンだが、バーディを積み重ねて、再び優勝争いに加わった。

後半は一進一退の攻防が続く。13番でモンゴメリーがバーディを奪い1打差に詰め寄るも、すぐさま14番でドハティがバーディを奪い返して2打差のリード。15番パー5で、モンゴメリーが2オン成功し難なくバーディを奪い、初優勝を狙うドハティをピッタリマークした。

終盤16番、ドハティにとってラッキーな出来事が起こる。ドハティがティショットを左にひっかけ、フェアウェイバンカーにつかまったかに思われたが、修理地による救済のためバンカーの外、しかも丘の上に無罰でドロップ。そのチャンスを活かしたドハティはピンそば1メートルにつけバーディを決めた。一方、完璧なティショットを放ったモンゴメリーは、パーオンに成功するも痛恨の3パットでボギー。残り2ホールを残して3打差に広がってしまった。

運を味方につけたドハティが最終ホールをバーディで締めくくり、通算18アンダーで嬉しいツアー初優勝を飾った。終わってみれば2位以下に5打差をつける大勝。ベテランのモンゴメリー、ビヨーンを退け、価値のある勝利といえる。

そのほか日本選手の溝口英二が最終日に2つスコアを落として、通算4オーバーの70位タイでフィニッシュ。すし石垣はスコア「81」の大叩きで、通算10オーバーの90位で競技を終えている。

おすすめ記事通知を受け取る

2005年 カルテックスマスターズ




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。