ニュース

欧州男子ドバイ・ワールドチャンピオンシップの最新ゴルフニュースをお届け

2010年 ドバイ・ワールドチャンピオンシップ
期間:11/25〜11/28 場所:ジュメイラ・ゴルフエステーツ(UAE)

2010年の最終戦開幕!初日首位はR.カールソン!

2010欧州男子ツアー最終戦「ドバイ・ワールドチャンピオンシップ」がUAEのジュメイラ・ゴルフエステーツで開幕。ロバート・カールソン(スウェーデン)が7アンダーで単独首位に立っている。

今季ラストゲームの初日。まず首位に立ったのはカールソンだった。スタートホールでいきなりボギーを叩いたが、直後の2番でバーディを奪い返すと、その後さらに3つのバーディを追加。前半上がりホールで2つ目のボギーを叩いて迎えた後半。今度はスタートホールでバーディを決めると、その後は1イーグル3バーディと加速。最終18番でこの日3つ目となるボギーでホールアウトすることになったが、1イーグル8バーディは見事。7アンダーで、堂々の単独首位に立った。

<< 下に続く >>

1打差の6アンダーで単独2位につけているのはノ・スンヨル(韓国)。こちらは6バーディ、ノーボギーと安定感抜群のプレーを披露。まずはこのポジションをしっかりとキープしたいところだ。

続く5アンダー、単独3位には現在賞金ランキングトップのマーティン・カイマー(ドイツ)。こちらは12番までに1イーグル4バーディ、1ボギーという内容。今季、欧州ツアーの主役だったカイマーがどのようなゴルフを見せるのか注目したい。4アンダー、単独4位にはトンチャイ・ジャイディ(タイ)。続く3アンダー、5位タイには前回覇者のリー・ウェストウッド(イングランド)に、セルヒオ・ガルシア(スペイン)、イアン・ポールター(イングランド)ら6人。注目のマッテオ・マナッセロ(イタリア)は2オーバー、43位タイと出遅れ。ここからの巻き返しに期待したい。

おすすめ記事通知を受け取る

2010年 ドバイ・ワールドチャンピオンシップ




特集

2021年上半期ランキング
日本勢の歴史的な快挙が続く2021年。2020年下半期と比較し、プロフィールへのアクセス数が急上昇した選手をランキング形式でご紹介します。意外な理由で注目度が上がった選手も! 1位に輝いた選手は誰?
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!