ニュース

欧州男子HSBCワールドマッチプレー選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2006年 HSBCワールドマッチプレー選手権
期間:09/14〜09/17 場所:ウェントワースクラブ(イングランド)

伏兵S.ミキールが遂に決勝へ!P.ケーシーも圧勝で進出

イングランドのサーレイにあるウェントワースクラブで開催されている、欧州男子ツアー第37戦「HSBCワールドマッチプレー選手権」の3日目。この日は準決勝の2試合が行われたが、1回戦でタイガー・ウッズを破った伏兵ショーン・ミキール(アメリカ)が、その勢いのままロバート・カールソン(スウェーデン)に競り勝ち、決勝に駒を進めた。

1ラウンド目の11番まではカールソン優勢で進んだ戦いだったが、12番でイーブンに戻すと、続く13番でミキールがこの日初めて1アップを奪った。その後も追いつかれてイーブンに戻るもその都度振り切っていくミキール。結果36ホールまで試合はもつれたものの、最後は2アップでミキールが勝利している。

そのミキールの決勝の相手となるのが、ポール・ケーシー(イングランド)。この日のケーシーは、コリン・モンゴメリー(スコットランド)との戦いだったが、前半から一気に差を広げ最初の18ホールを終えて5アップ。結果31ホール目で6アップとして圧勝。決勝はケーシーが、勢いのあるミキールをどう抑えられるかという戦いになりそうだ。

おすすめ記事通知を受け取る

2006年 HSBCワールドマッチプレー選手権

  • 2006/09/14~2006/09/17
  • 優勝:P.ケーシー
  • 賞金総額:2,371,155
  • ウェントワースクラブ(イングランド)



特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!