ニュース

欧州男子WGCブリヂストンインビテーショナルの最新ゴルフニュースをお届け

2006年 WGCブリヂストンインビテーショナル
期間:08/24〜08/27 場所:ファイヤーストーンCC(米国オハイオ州)

S.シンクがタイガーに変わって単独首位に!高橋竜彦は77位のまま

オハイオ州にあるファイヤーストーンCCで開催されている、「WGC(世界ゴルフ選手権)ブリヂストンインビテーショナル」の3日目。単独首位からスタートしたタイガー・ウッズは、この日スコアを落としてしまい、通算8アンダー。変わってスチュアート・シンクが通算9アンダーで単独首位に浮上した。

3アンダー9位タイからスタートしたシンクは、2度の連続バーディを含む6つのバーディをコンスタントに奪っていった。しかもノーボギーと安定した内容を見せ、通算9アンダーまでスコアを伸ばして、単独で首位に躍り出た。

<< 下に続く >>

2日目に単独首位に断ち、独走態勢の入るかと思われたタイガーは、3番でバーディを奪ったものの、5番から4連続ボギーを叩いてしまう。後半に入ってからは、2バーディ、ノーボギーと立て直してきたものの、それでもこの日1オーバー。通算8アンダーとスコアを1つ落として、順位も1つ下げ2位タイで明日の最終日を迎える。

タイガーと並んで2位タイには、ポール・ケーシー(イングランド)とデービス・ラブIIIが、通算8アンダー。続く通算7アンダーの単独5位に、ジム・フューリック、また通算5アンダーの7位タイにはアーニー・エルス(南アフリカ)、アダム・スコット(オーストラリア)と強豪勢が上位に入る混戦。最終日のドラマに期待が集まる。

日本勢で唯一参戦している高橋竜彦は、初日と同じ17番で今大会2つ目のバーディを奪ったが、5オーバーの「75」。通算19オーバー、77位のままでこの日のラウンドを終えている。

おすすめ記事通知を受け取る

2006年 WGCブリヂストンインビテーショナル




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!