ニュース

欧州男子エンジョイ・ジャカルタ・インドネシアオープンの最新ゴルフニュースをお届け

A.バックルが猛攻を見せ、S.ダイソンと並んでトップタイに浮上!

インドネシア、エメラルドG&CCで開催されている、欧州男子ツアー第11戦「エンジョイジャカルタ HSBCインドネシアオープン」の3日目。この日は、2日目が日没サスペンデッドだったため、第2ラウンドの残りと第3ラウンドが行われた。

第2ラウンドでは、暫定3位からスタートしたステファン・ドッド(ウェールズ)がスコアを伸ばし、通算12アンダーで単独トップに立った。そして2位タイには、通算10アンダーで、トンチャイ・ジェイディ(タイ)とサイモン・ダイソン(イングランド)、T.チャン・ワング(台湾)が並ぶ混戦となった。

<< 下に続く >>

第3ラウンドに入ると、5位タイからスタートのアンドリュー・バックル(オーストラリア)が猛攻を見せた。3連続バーディでスタートしたバックルは、その後もノーボギーと安定したプレーを続けながらも、コンスタントにバーディを重ねていった。結局、7つのバーディを重ね、通算15アンダーまでスコアを伸ばし、トップタイに浮上した。

もう一人のトップはダイソン。こちらもイーグル発進と好スタートを見せ、1つのボギーはあったものの、5つスコアを伸ばし、バックルと並んで通算15アンダーでトップタイに。また、単独の3位には、ワングが通算12アンダーでつけ、最終日を迎える。

おすすめ記事通知を受け取る

2006年 エンジョイ・ジャカルタ・インドネシアオープン




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!