ニュース

欧州男子アルフレッドダンヒル選手権の最新ゴルフニュースをお届け

2008年 アルフレッドダンヒル選手権
期間:12/11〜12/14 レオパードクリークGC(南アフリカ)

母国出身のR.スターンが逆転優勝!

南アフリカのレオパードクリークGCで開催されている2009年の欧州男子ツアー第4戦「アルフレッドダンヒル選手権」の最終日。リチャード・スターン(南アフリカ)が粘りのゴルフで逆転優勝を決めている。

3位タイで最終日を迎えたスターン。しかし、首位との差は4ストローク。逆転には厳しいハードルが課されていた。前半、2つのバーディで着実にスコアを伸ばすも、後半折り返しの3ホールで2ボギーを叩き振り出しに戻してしまう。しかし、直後の12番から3連続バーディを決め、通算17アンダーに。2日目にトリプル、3日目にダブルボギーと相性の悪かった18番をパーで切り抜け、見事に母国での優勝を手繰り寄せた。

通算16アンダーの2位タイにはロバート・ロック(イングランド)と、ヨハン・エドフォーズ(スウェーデン)。この日のベストタイ「66」をマークし先にホールアウトしていたエドフォーズは、スターンの粘りの前に勝利を失い、終盤のロックのチャージは遅きに失した。最終日の内容に大きな差はなかっただけに、悔いの残る結果となった。

前日コースレコードをマークし単独首位で最終日を迎えたトーマス・アイケンであったが、折り返しを挟んで、立て続けにスコアを落とし、優勝争いから脱落。通算15アンダーで同郷のスターンの逆転劇を演出してしまった。ラファエル・カブレラベロー(スペイン)も同じく4位タイでフィニッシュしている。

おすすめ記事通知を受け取る

2008年 アルフレッドダンヒル選手権




特集

宮本卓×GDO 旅する写心
ゴルフフォトグラファー宮本卓×GDOのスペシャルコラボコンテンツ。国内外のゴルフ写真を随時更新中!!
全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。