ニュース

国内女子フジサンケイレディスクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

3打差を追うさくら、最終日は27ホールの戦いに

2009/04/25 18:08


「フジサンケイレディス」2日目は、朝から雨が降り続ける上に寒さも厳しい最悪のコンディション。刻々と雨脚も強まり、最終組の横峯さくらがスタートする9時30分ごろには、大粒の雨が選手の体を打ちつけた。

4アンダーの3位タイ、首位を3打差で追う横峯は、前半の2番でボギーを叩くも、続く3番パー4では2メートルにつけてバーディ。4番パー5ではティショットを左の林に打ち込むなどボギーとするが、再び直後の5番でバーディを奪い返し、前日に口にしていた目標どおり“我慢のゴルフ”を展開し続ける。

<< 下に続く >>

だが、風が強まってきた6番パー3でティショットをグリーン手前のバンカーに打ち込むと、2打目はグリーンをオーバーして奥のラフへ。2メートルに寄せるが、このボギーパットがカップを蹴られて痛恨のダブルボギー。「あれがボギーで済んでいたら我慢できたかな、と言えたと思いますが…。もったいなかったですね」と表情を曇らせた。

その後、9番を終え後半へ折り返すところで、降雨によるコンディション不良のためサスペンデッドが決定。横峯は明日の最終日、逆転勝利をかけて第2ラウンドの残り9ホールを含めた27ホールをプレーし、3打差を追う。「今日のコンディションに比べたら、(27ホールの方が)ぜんぜん良いと思う。不安はありません」と横峯。明日は強風が予報されているが、「いかに我慢して、スコアに結びつけるかですね」と、今季2勝目に向けてのプランを掲げていた。

おすすめ記事通知を受け取る

2009年 フジサンケイレディスクラシック




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!10月のマンスリーゲストには常文恵プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!