ニュース

国内女子スタンレーレディスゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

さくら、浮上ならず「調子の波をなくしたい」

2012/07/15 19:34


静岡県の東名CCで行われた国内女子ツアー「スタンレーレディスゴルフトーナメント」は、連日の濃霧の影響により大会は27ホール短縮競技となり、最終日は全選手がインコース9ホールをラウンド。横峯さくらは1バーディ、ノーボギーでスコアを1つ伸ばし、通算1オーバーの34位タイでフィニッシュした。

2日間かけて行われた第1ラウンドを2オーバーの63位タイで予選を通過した横峯はこの日、午前11時30分過ぎにスタート。11番(パー5)で第3打をピンそば1.5メートルにつけバーディを決めた。

ところがその後は、なかなかチャンスを作れず、ため息交じりのプレーが続いた。最終18番までパーを並べてフィニッシュ。「天候ですからね。こればかりは、どうしようもないですね」とハーフで終わってしまったラウンドが口惜しそうだった。

4日間を戦い抜いた「全米女子オープン」翌週のトーナメントは、遅延と中断の連続で思わぬ変則日程に。疲れの残る中での一戦を振り返り「私自身、ゴルフの調子の浮き沈みが激しいので、そのムラをなくしていきたい。ショットだけでなく、パットも良いときと悪いときの波をなくして、来週に臨みたいと思います」と先を見据えてコースを後にした。(静岡県裾野市/桂川洋一)

おすすめ記事通知を受け取る

2012年 スタンレーレディスゴルフトーナメント




特集SPECIAL

全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには高木優奈プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。