ニュース

国内女子大王製紙エリエールレディスオープンの最新ゴルフニュースをお届け

さくら終戦、「自分の下手さ加減にテンションが落ちる」

首位と5打差で迎えた「大王製紙エリエールレディス」最終日、逆転女王にかすかな望みをもってティオフした横峯さくらは、上位がスコアを落とす展開でハーフターンするころには首位に2打差にまで迫っていた。

14番では2打目がピンを直撃して1mに止まり、これを沈めてバーディ。16番でもバーディを奪った横峯だったが、17番(パー3)でパーパットを右に押し出して痛恨のボギーを叩き通算7アンダーへと後退してしまう。18番(パー5)でも「(17番を)引きずっていたのかもしれない」と2mのバーディパットを決めきれず、首位と2打差の5位タイで3日間の戦いを終えた。

「今日は本当にもったいないパットばかりで、自分の下手さ加減にテンションが落ちちゃいます」と、落胆の横峯。逆転女王の夢はついえ、アン・ソンジュに2年連続女王のタイトルを奪われた。

アン・ソンジュ選手を筆頭に、韓国選手はすごく練習をするしメンタルも強くて、ハングリー精神もあると思う。私ももっともっと練習しないといけないと思いつつ、納得いけば終わってしまうところがあるので、そういうところはもう少しです」と、反省と共に自らに厳しい言葉を突きつけていた。(香川県三豊市/今岡涼太)

おすすめ記事通知を受け取る

2011年 大王製紙エリエールレディスオープン




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!11月のマンスリーゲストには木下彩プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。