ニュース

国内女子日本女子オープンゴルフ選手権競技の最新ゴルフニュースをお届け

「疲れました・・・」さくら、ラフに苦しみ出遅れ

2011/09/29 18:29


「日本女子オープン」初日、横峯さくらはティショットの安定性に欠け、ボールはことごとくラフに吸い込まれる。ラウンドを通してスコアメイクに苦しみ、この日2バーディ、8ボギーの「76」(パー70)を叩き、首位と6打差の6オーバー、47位タイと出遅れる滑り出しとなった。

インスタートの横峯は、スタートホールの10番でティショットを左ラフに打ち込みパーオンに失敗するも、アプローチをピンに絡めてパーセーブ。11番(パー5)、12番もラフからパーを拾う粘りを見せるが、13番(パー3)のティショットをバンカーに打ち込みボギーを叩くと、14番、15番と3連続ボギー。「昨日はショットがけっこう良くて、“今日もこのまま”という感じだったけど、コースに行くと右へ右へ行ってしまった」と、その後も修正は叶わなかった。

「はー、疲れました・・・」と第一声。ティショットの乱れについては「見たまんまです」と苦笑し、「やっぱりティショットをフェアウェイに置かないと攻略できない。しっかり修正して、明日も頑張ります」と巻き返しを誓っていた。(愛知県東郷町/塚田達也)

おすすめ記事通知を受け取る

2011年 日本女子オープンゴルフ選手権競技




特集SPECIAL

やってみよう! フットゴルフナビ
サッカーとゴルフが融合した新スポーツ「フットゴルフ」の総合情報サイトです。広いゴルフ場でサッカーボールを蹴る爽快感を、ぜひ一度体感してみよう!
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!4月のマンスリーゲストには古江彩佳プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!