ニュース

国内女子日医工女子オープンゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

さくら、35パットで出遅れ発進

「日医工女子オープンゴルフトーナメント」初日、横峯さくらは3バーディ、4ボギーの「73」。全体的にスコアが伸びた流れについていけず、1オーバーの53位タイと出遅れる滑り出しとなった。

「流れを悪くした、一番の原因」と振り返る、スタートホールの1番パー5。3打目をピン手前10メートルに乗せ、ファーストパットは50センチショート。手堅くパーセーブかと思いきや、ボールはカップの右側を舐めてまさかの3パット。唖然とした表情でボールを見つめた。

この日「35」というパット数が全てを物語るように、「自分のストロークのミスもあったし、読みきれない部分もあった」とパットへの反省が口をつく。“パットに関して今季ワースト?”との問いに、「そうですね」と力なくうなずいた。

翌週には「全米女子オープン」も控える中、昨日は「ピンを攻めて、グリーンを外した時のリカバリーを試したい」とも話していた横峯。しかし、「ぜんぜん、そんな感じではありませんでした」と、現状を乗り切ることに必死なラウンドが続いた。まずは確実に予選を突破し、残り2日間で海外メジャーを戦う準備を整えたいところだ。【富山県富山市/塚田達也】

おすすめ記事通知を受け取る

2011年 日医工女子オープンゴルフトーナメント




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!11月のマンスリーゲストには木下彩プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。