ニュース

国内女子ニチレイレディスの最新ゴルフニュースをお届け

さくら、2日間パー5バーディなくても3位に浮上!

国内女子ツアー「ニチレイレディス」の2日目を、イーブンパーの20位タイで迎えた横峯さくら。前半に4番、6番と2つのパー3でバーディを奪うと、9番でもバーディ。さらに後半に入って11番パー3でもスコアを伸ばし、16番では10mのパッティングを決めて通算5アンダーの3位タイまで浮上してきた。

ボギーを叩かず4ストローク伸ばし、満面の笑みかというと、横峯の内心は喜んでは居なかった。「ショットは振れているという感じで、ただパー5でバーディが獲れていないので・・・」。パー5は前後半2つずつあるが、初日に7番でボギーを叩いた横峯は、2日目もバーディを奪えず、2日間パー5では1オーバーとなっている。

ツアーの中でも飛距離で定評のある横峯は、パー5で着実にスコアを伸ばして優勝争いに加わることが多い。ところが今大会は予選2日間で1つもバーディを獲れていないため、いまひとつ表情も冴えない。

しかし、パー5でスコアを1つ落しているものの、それ以外で通算5アンダーまでスコアを伸ばしているということは、最終日にパー5でバーディを奪えば、さらにスコアを伸ばす可能性が高い。

「コースマネジメントのミスではないです。ティショットもフェアウェイに行っていますので、アプローチがもう少し寄ってくれれば、チャンスも増えると思いますので、頑張ります」と、最終日に向けて意気込みを話す横峯。今季開幕時に目標としていた“前半戦のうちに2勝”に向けて2打差の逆転優勝を狙う。

おすすめ記事通知を受け取る

2011年 ニチレイレディス




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!11月のマンスリーゲストには木下彩プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。