ニュース

国内女子日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯の最新ゴルフニュースをお届け

さくら、パットが決まらず単独7位で終了

2010/09/12 17:13


国内女子ツアーのメジャー第2戦「日本女子プロゴルフ選手権競技コニカミノルタ杯」の最終日。首位と5打差の3位タイからスタートした横峯さくらは、1番から2mのバーディチャンスにつけるが決まらずパー。すると、ことごとくバーディパットが決まらなくなってしまった。

優勝争いをする上位は2桁アンダーでの攻防を繰り広げる中、横峯はスタート時の5アンダーのまま終盤へ。そして17番パー3でボギーを叩き一歩後退したが、最終18番パー5で2オンに成功した。上り10mほどのイーグルパットは2mオーバーしたが、返しのバーディパットを決めて、この日は1バーディ、1ボギー。通算5アンダーの単独7位でメジャー第2戦を終えた。

<< 下に続く >>

「今日はパットが決まらなかったですね。(1番で決まっていれば)流れは変わっていたかもしれないですね。やはり、最終的にはパットイズマネーですね」と、この日36パットだった自身のゴルフを悔やむ。

そして、そのパッティングの向上にむけては「パットも良い時と悪いときの差が、どれだけ縮められるかだと思うので、しっかりと練習します」と、次戦以降に向け練習を積み重ねることを誓う。

おすすめ記事通知を受け取る

2010年 日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!2月のマンスリーゲストにはセキ・ユウティンプロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!