ニュース

国内女子日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯の最新ゴルフニュースをお届け

さくら、最後に池ポチャ!3位タイに後退

国内女子ツアー「日本女子プロゴルフ選手権競技コミカミノルタ杯」の3日目。首位を4打差で追いかける横峯さくらは、2番でボギーを叩くが、中盤の7番から3連続バーディを奪い通算7アンダーまで伸ばし、首位と1打差まで迫った。

しかし、最終18番パー5でティショットを左に曲げて池に入れてしまうトラブル。3打目でグリーンを狙ったが、グリーン手前の池との境に点在する岩に当たって、グリーン右サイドのバンカーに捕まった。

<< 下に続く >>

バンカーショットでグリーンを捕らえることが出来ず、ピン1mに5オン。さらに、このボギーパットがカップに蹴られてダブルボギーフィニッシュとなった。これで、首位の藤田幸希とは5打差の通算5アンダー3位タイとなってしまった。

ホールアウト後、しばらく無表情というよりも苦い顔をしていた横峯「5打差あるので、うーん、最後まで諦めないで頑張ります。ゴルフは本当に何が起こるか分からないので、最後まで気持ちを持っていきたい。ショット自体は良いと思うので。やっぱりパットですね。噛み合えば・・・」と、今ひとつ歯切れの悪いコメントを残した。

おすすめ記事通知を受け取る

2010年 日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!2月のマンスリーゲストにはセキ・ユウティンプロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!