ニュース

国内女子リゾートトラストレディスの最新ゴルフニュースをお届け

さくら、1打差に迫るもOBで撃沈

2010/06/06 17:49


国内女子ツアー「リゾートトラストレディス」初日は出遅れた横峯さくらは、2日目に6ストローク伸ばし、首位とは3打差で最終日を迎えた。1番で4mのバーディパットを決めるも、2番では1.5mのパーパットを外してボギー。3番パー5は1mのバーディパットを沈め出入りの激しいスタートを切った。

4番からはチャンスにつけながらも3、4mのバーディパットが決まらずパーセーブを繰り返した。前半を終えて7アンダーの横峯は、この時点で首位と4打差となっていたため、リーダーズボードの下の方に名前を下げてしまう。

ところが、10番で上り5mのバーディパットを沈めると、11番パー5ではグリーン手前のラフからピンまで10ヤードをチップインイーグル、一気に首位と1打差の2位に浮上してきた。

「12番が終わって、13番のティグラウンドのところにボードがあるので、自分の位置はわかりました」という横峯は、その13番で3番ウッドを手にしたティショットを左に曲げてOBを叩いてしまった。

「やっちゃいましたね。左に行き過ぎて、カート道に当たって、気持ちよくOBです。12アンダーを目標にしていたのですが、OBで挫けそうになったけど、最後まで諦めずにできたかな」。このホールでダブルボギーを叩いた横峯だが、続く14番でバーディを奪い9アンダーまでスコアを戻した。

その後4ホールはスコアを伸ばすことができなかったが「結構難しい位置にピンが切られていたので・・・その中では、しっかり最後まで攻めることができたと思います」と、7位タイという結果でも胸を張って会場を後にした。

おすすめ記事通知を受け取る

2010年 リゾートトラストレディス




特集SPECIAL

全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには高木優奈プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。