ニュース

国内女子フンドーキンレディースの最新ゴルフニュースをお届け

今季初Vの横峯さくら「目標を変えます!」

2010/05/16 16:43


国内女子ツアー「フンドーキンレディース」の最終日。5アンダー2位タイからスタートした横峯さくらが、序盤に3連続バーディを奪うなど4ストローク伸ばして、通算9アンダーで優勝を果たした。

最終組の1つ前でスタートした横峯は、4番から6番までバーディを続け8アンダーまで伸ばしたが、自分が首位に立ったことを知らなかった。「後ろも伸ばしていると思ったし、誰が伸ばしてくるかわからないので」と、気を緩めずにプレーを続けた。

その後、8番パー3で3パットのボギーを叩くが、9番パー5、10番と連続バーディを奪い通算9アンダーへ。12番ではこの日2つ目のボギーを叩くが、通算8アンダーはこの時点で2位に2打差となっていた。

ところが、横峯は終盤になっても自分の順位を確認することはなかった。それは、コース内に設置されたスコアボードが、選手たちからは見難い位置にあったためだ。16番パー5では、2オンに成功してピン横4mからイーグルを狙ったが、50センチショートしてのバーディ。この時点で再び9アンダーに戻したが「首位に並んだかな!?」程度にしか思っていなかったという。

そして横峯が初めて自分の順位を確認できたのは17番だった。単独首位に立ち、1打差の8アンダーに辛ヒョンジュが続いていることを知った。迎えた最終18番パー5、3オンに成功した横峯は、7mのバーディパットを外してパー。最終組の辛を待つことになった。

辛も3オンに成功したが、バーディパットはカップの下から9m。この様子を18番グリーン横のスコアカード提出エリアのモニターで見ていた横峯は、辛のバーディパットが外れるのを確認すると、少し驚いたような表情を見せてから笑顔に変わった。

開幕戦から10試合目での優勝に「もうちょっと早く勝てれば良かったのですが、苦手意識の強いコースで攻略できたことが良かった。先週からショットが良くなってきていて、近いうちに勝てるとは思っていたので、すぐに結果が出て良かったです」と、ほっと胸をなでおろす。

そして、開幕時に立てた目標「ゴルフを楽しむ」については「まだ一度もできていませんね」と笑う横峯だが、「目標を変更します」とおもむろに話し始めた。「やはり明確な目標を立てないといけないので、年間3勝以上を目指します」と、発表した。この1勝が弾みとなれば、すぐに3勝はできそうな感じだが、その時にはまた新たな目標を立てて戦い続けるのだろう。

おすすめ記事通知を受け取る

2010年 フンドーキンレディース




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!11月のマンスリーゲストには木下彩プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。