ニュース

国内女子新キャタピラー三菱レディースの最新ゴルフニュースをお届け

完全復活はまだ遠い?

2006/08/18 18:00


強い日差しが病み上がりの体に応えたのか?1番、3番で軽快にバーディを奪った横峯さくらだったが、折り返してインに入ると徐々に流れが悪くなる。14番ミドルでPSの第2打をグリーン奥にこぼすと、3mのパーパットを決められずこの日初のボギーを叩く。17番ショートでもティショットをグリーン奥のラフにこぼしてボギー。多くのギャラリーが見守る最終18番でバーディを取り返したものの、通算1アンダーの14位タイで初日を終えた。

イギリスから帰国してすぐに臨んだNEC軽井沢72では体調不良が顕著だったが、試合の終わった日曜日に久しぶりに自宅のある宮崎に帰り、今週火曜日の夕方に現地入りするまでは、ゆっくりと休養にあてたはずだった。だがこの日も、後半はくしゃみをしたり、途中だるそうな仕草をみせるなど、万全の状態まで回復はしていない。

<< 下に続く >>

「前半はチャンスが多かったけど、後半は少なかったですね。ショットは悪くないのだけど、かみ合わなくて。風に押されたりして…」。

秘密兵器の70度のウェッジはバッグに入れたが、まだその威力は発揮できていない。同組の大山が15本のクラブをバッグに入れたままスタートしてしまい、合計4打のペナルティを受けたが、「志保さんとか、どんな選手に限らずそういうこともあるのかなと。私は70度を入れて、ユーティリティを抜いたりとか多いので」と確認は怠らないそうだ。

おすすめ記事通知を受け取る

2006年 新キャタピラー三菱レディース




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!9月のマンスリーゲストには三宅百佳選手を迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!