ニュース

国内女子新キャタピラー三菱レディースの最新ゴルフニュースをお届け

5つのパー5をどう攻略するか?飛距離だけでなく、小技にも注目

2006/08/17 18:00


国内女子ゴルフツアー第22戦「新キャタピラー三菱レディス」が、神奈川県の大箱根カントリークラブで開幕する。この大会、女子ツアーでは珍しくパー5が5つあり、パー73に設定されている。横峯さくらは「活かしたいですね」と話したが、このパー5の攻め方が、去年と今年で大きく変わっている。

去年のスタッツをみると、横峯のイーグル数は8個で全選手中トップの数字を稼ぎ出している。ロングホールで見せる直ドラ(フェアウェイからドライバーを使ったショット)や、飛距離を生かした積極的な攻めは、豪快なスイングとともに、彼女のゴルフの代名詞のようになっている。その代わり、リカバリー率は30位とやや低迷し、ハイリスク・ハイリターンなゴルフをしていたことが分かる。

<< 下に続く >>

だが、今年ここまでの数字を見てみると、イーグル数は2個(9位タイ)だが、パーオン率71.48%(1位)、パーセーブ率86.43%(1位)と、安定感のあるゴルフに変わってきている。これまでは飛ばすことを優先し、ロングホールでは積極的にグリーン近くまで球を運んでいたが、結局40~50Yの距離感が合わずに苦しんだ。そこで最近は、SWやPSのフルショットが使える100Y付近に刻んでバーディを狙う戦略に切り替え、これが見事にはまっているのだ。

全英女子でデビューした70度のウェッジも、そもそもはこの40~50Yをなんとかしたいというニーズから生まれたものだ。この距離をフルショットで使えるクラブが欲しい。それを聞いたメーカー担当者が準備していたものが、たまたまイギリスでデビューした。

今週はユーティリティの4番の代わりに、このウェッジを入れる予定という横峯。ロングホールの3打目でこの秘密兵器が炸裂するか、要注目だ。

おすすめ記事通知を受け取る

2006年 新キャタピラー三菱レディース




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!9月のマンスリーゲストには三宅百佳選手を迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!