ニュース

国内女子日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯の最新ゴルフニュースをお届け

さくら、雨に泣かされ無念の戦線離脱

2009/09/12 19:38


2日目を終えて、首位と5打差のイーブンパーにつけた横峯さくら。「日本女子プロゴルフ選手権コニカミノルタ杯」3日目は、最終日に向けて上との差を詰めておきたいところだったが、横峯にとっては失意の1日となってしまった。

朝から雨が降り続けたこの日、横峯は3番でグリーン奥からのアプローチを寄せきれずにボギーとすると、続く4番では左ラフからグリーン手前バンカーに入れ、そこから2.5mに寄せるもパーパットを決めきれない。6番では1.2mのバーディチャンスがカップに蹴られ、9番では3mのバーディパットが僅かにカップに嫌われると、思わずその場にしゃがみこんで悔しがった。

10番パー5でバーディを取り返したが、続く11番でボギーを叩く。12番パー3でグリーンに載せたところで雨の為に中断となると、再開後は15mのパットを4mオーバーさせて3パットのボギーとしてしまう。岐阜関のグリーンコンディションの良さが災いし、「全然普通に水はけが良いんだなって」と苦笑するしかなかった。

最終18番でもボギーを叩いた横峯は、この日は1バーディ5ボギーの「76」。通算4オーバーの17位タイへと大きく順位を下げてしまった。首位の諸見里の背中は遠くに霞み、「ショット自体は悪くないので、明日はアンダーパーで回れるように頑張ります」と話すのが精一杯だった。

おすすめ記事通知を受け取る

2009年 日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!4月のマンスリーゲストには三ヶ島かなプロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!