ニュース

国内女子日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯の最新ゴルフニュースをお届け

6位タイ発進の横峯「納得のプレーです」

2009/09/10 20:14


賞金女王獲得を目指す横峯さくらにとって、「日本女子プロゴルフ選手権コニカミノルタ杯」の優勝賞金2,520万円は何と言っても魅力的だ。本人の意気込みもヒシヒシと伝わってくる中で、いよいよ大会初日を迎えた。

スタートホールは492ヤードと距離の短いパー5。ティショットをフェアウェイに置いた横峯は、第2打でグリーンを狙ったものの、左手前のバンカーに入れてしまう。しかし、そこからきっちりと1mに寄せて幸先良くバーディ発進とした。

前半、最初にティショットがラフにつかまったのは4番。2打目はフェアウェイに出すのが精一杯で、そこから2mにつけたが、このパットはカップに蹴られてボギーとしてしまう。6番でもティショットが左ラフに入ったが、ここは2打目でグリーン奥のカラーまで運んでパーセーブした。

見せ場は7番パー5。第2打を左に曲げた横峯の球は、前に木が掛かった左足下がりのラフに止まる。グリーン手前にはバンカーが口を開け、ピンはすぐその上にある。横峯はそこから低く出してバンカー方向に打ち出すと、その球はバンカーの斜面に沿って駆け上がり、見事にグリーン上で止まった。このホールをパーで切り抜けると、徐々にショットも安定し始めた。

後半は11番、15番でバーディ奪取。13番、16番でボギーとしたが、終わってみれば3バーディ3ボギーのパープレイ。首位と4打差の6位タイとまずまずの滑り出しとなった。

「このコースだと納得のプレーです」と、自らに及第点を与えた横峯。特に後半に入りフェアウェイを捉え始めたティショットに手ごたえを感じた様子だが、「今週は雨が降らないようだし、コンディションはもっとタフになると思う。今日でこれだけ難しいと感じたので、一つ一つの積み重ねですね」と、慎重な姿勢は崩さなかった。

おすすめ記事通知を受け取る

2009年 日本女子プロゴルフ選手権大会コニカミノルタ杯




特集SPECIAL

スペシャル対談 鈴木愛×セールスフォース代表小出伸一
女子プロゴルファー鈴木愛。2度のけがによる離脱をはねのけ、史上3人目の年間7勝。その彼女を支えてきた所属契約を結ぶ「セールスフォース・ドットコム」の小出伸一代表と2人のトップが熱く語った。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!2月のマンスリーゲストにはS.ランクンプロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。