ニュース

国内女子ヨネックスレディスゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

さくら、ズレを克服出来ず…。ポイントは自信か

「ヨネックスレディスゴルフトーナメント」最終日の横峯さくらは、5番で2.5mを沈めたのを皮切りに、4バーディ1ボギーの「69」でラウンド。最終日にようやく60台をマークして、通算5アンダーの14位タイで3日間の戦いを終えた。

「ショット自体は悪くないし、もうちょっと伸ばせた感じだったけど、全体的にちょっとずつズレている」という横峯。昨日も話していた“ズレ”が、この日もまだ克服出来ずにいた。

その“ズレ”というのは、「自分の感覚なので難しいのですが、狙った所に打ったパットがカップに蹴られたり、ナイスショットがショートしたり…」と、微妙な違いだが、スコア的には1打として現れてくる。「運が悪いとも言えるけど、その運を引き寄せるのも自分なので、引き寄せられるように自信をつけていきたいです」。

先週の5位タイで少し取り戻したというものの、トップ10を外していた4試合で、横峯の自信も少しぐらついていたようだ。「ちょっとずつ回復しているけど、100%ではないですね」。どんなトップ選手といえども、ふとした事で気持ちが弱い方へ流れてしまう事もあるのだろう。

「完璧を求めているっていう感じだけど…」という横峯。しかし、勝負は待っていてはくれない。今年最大の目標とする賞金女王奪取へ向け、いま一度浮上するきっかけを掴みたいところだ。

おすすめ記事通知を受け取る

2009年 ヨネックスレディスゴルフトーナメント




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!6月のマンスリーゲストには宮田成華プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。