ニュース

国内女子スタンレーレディスゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

プレーオフで敗れて2位。「これを次に活かしたい!」

2007/07/15 17:12


2日目を終えて首位タイに並んだ横峯さくら。前日、きっちりと沈めた最終ホールのパーパットはやはり大きかった。最終日は台風の接近を受けて、午前6時に早々と中止が決定。首位に並んだ上田桃子有村智恵との三つ巴のプレーオフが行われることとなった。

16番パー3のみを使う3ホールのストロークプレー。プレー順はくじ引きの結果、上田、有村、横峯の順番となった。第1ホールは全員パー。しかし2ホール目、横峯は1メートル程のパーパットを外してボギーとし、パーセーブした2人から一歩後退してしまう。

「バーディを獲らないといけないと思ったのですが、一番出してはいけない飛び過ぎのミスが出てしまった」という3ホール目。ピン上からまたも3パットしてしまい、この時点でプレーオフ敗退が決定した。

「パッティングというよりは、ショットのブレが大きかったです」という横峯。全米女子オープンから課題としていた縦の距離感は、徐々に良くなってきているものの、まだ完全に自分のものとはなっていない。

だが、気持ちは前向きだ。「悔しい気持ちはあるけれど、スイングを修正している段階での2位タイなので、これを次に活かせたらと思います」。次週は高額賞金が掛かった4日間大会。リベンジするには格好の舞台だ。

おすすめ記事通知を受け取る

2007年 スタンレーレディスゴルフトーナメント




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 大堀裕次郎
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!6月のマンスリーゲストには大里桃子プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。