ニュース

国内女子クラシエ フィランソロピーLPGAプレーヤーズチャンピオンシップの最新ゴルフニュースをお届け

2週連続、プレーオフで涙を呑む!

2007/07/22 20:11


賞金総額1億3千万円、優勝賞金2,340万円とシーズン中随一の高額賞金の掛かった「クラシエフィランソロピーLPGAプレーヤーズチャンピオンシップ」最終日。横峯さくらは首位と5打差の2位タイからトップを独走するチャンナを捕えるべくスタートを切った。

2番、5番、11番とバーディを奪い、14番でボギーを打ったものの、5アンダーまでスコアを伸ばした横峯だが、首位を行くチャンナも14番を終えて10アンダーとスコアを伸ばす。「全く可能性ないな…」と思っていた矢先、17番でセカンドショットをピン横5mにつけ、グリーン脇のリーダーズボードを見ると、チャンナが15番でトリプルボギーを打ち7アンダーに後退しているのが目に入った。

<< 下に続く >>

「バーディパットを入れればっていうのはありましたね」との言葉通り、このパットを沈めると、遂にトップを1打差の射程圏内に捕らえた。最終18番はパー5。2打目をグリーン手前に刻み、3打目でピン上4mにつけたが、この下りのバーディパットはカップ手前で無情にも切れてしまう。結局、4バーディ1ボギーの「70」。通算6アンダーでホールアウトし、最終組のチャンナを待った。

そのチャンナは最終ホールで3打目をバンカーに入れボギーを叩く。6アンダーで並んだ二人の勝負はプレーオフに持ち込まれた。プレーオフ1ホール目、2人共にピン上につけると、最初にバーディパットを放った横峯のボールは再びショートしてしまう。一方のチャンナは一発でこのパットを沈め、横峯にとっては2週続けてプレーオフ敗退の惜しい結果となってしまった。

「悔しいですね」という横峯。「でも、最後は相手がバーディを獲ったので仕方ないです」とさばさばと振り返った。「ショットの飛び過ぎとかも無くなって来たし、全英には弾みをつけられたと思います」と次戦の海外メジャーに向けて手応えは掴んだようだ。同大会の予選会では実姉の瑠衣が30日に行われる最終予選に進出している。もしかしたら、姉妹での全英リコー女子オープン出場もあるかも知れない。

おすすめ記事通知を受け取る

2007年 クラシエ フィランソロピーLPGAプレーヤーズチャンピオンシップ




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!11月のマンスリーゲストには立浦葉由乃プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!