ニュース

国内女子ゴルフ5レディスプロゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

58ホール目、唯一のボギーが勝負を決めてしまった!!

2007/09/02 23:07


「ゴルフ5レディス」の最終日は、2年連続でのプレーオフに突入。その主役となったのは、3日間54ホール、ノーボギーで10アンダーまでスコアを伸ばした横峯さくらと、2日目にコースレコードとなる7アンダー「65」をマークした飯島茜の2人だった。

この3日間の横峯は、ショットが完璧だったかというとそうでもなく、多少左右のブレはあった。しかし、運も味方し大きなトラブルになることもなく、逆にミスショット後にナイスショットでバーディにつなげるなど、神がかり的な部分もあった。

プレーオフは結局4ホール戦うことになったが、最後は気力の勝負と言ってもよいくらい体力も消耗していた。プレーオフが進むにつれ、横峯のドライバー飛距離があきらかに落ちていたのだ。そして、勝負が決まった直後、横峯がもらした一言は「疲れたー」だった。(上の写真がまさにそのシーン)

気持ちの上ではがっくり来ている。しかし横峯にとっては大きな収穫があった。今週課題とした「ドライバーショットで距離を稼ぐ」は見事に成果を残した。そして、集中力を欠かさない精神的な強さを見せノーボギーで3日間のラウンドを終えた。

次週には「日本女子プロゴルフ選手権 コニカミノルタ杯」が開催される。昨年の最終戦「LPGAツアー選手権 リコーカップ」を制した横峯にとっては、国内メジャー2連勝がかかった試合だ。今週のプレー、そして精神面を維持できれば優勝するチャンスは多いにある。そして、今季3勝目を挙げることができれば、このコーナーの主題である「目指せ賞金女王」も見えてくるかもしれない。

おすすめ記事通知を受け取る

2007年 ゴルフ5レディスプロゴルフトーナメント




特集SPECIAL

全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには高木優奈プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。