ニュース

国内女子フジサンケイレディスクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

前半は猛追も、後半は失速… 9位タイで終える

2008/04/27 18:05


首位と6打差の9位タイで「フジサンケイレディスクラシック」最終日を迎えた横峯さくら。この日も苦手な風は吹かず、序盤からバーディを重ねる立ち上がりを見せる。2番パー4ではピン左5メートル、3番パー4でも6メートルのバーディパットを沈めると、5番パー5では飛距離のアドバンテージを活かして2オンに成功。ここでもバーディを奪い、一時は首位に2打差に迫る。

大逆転勝利を予感させる見事なプレーを続けていた横峯だったが、以降は「パーオンしても5、6メートルのパットがカップに蹴られたり、今日はこんな日なのかな、という感じでした」と、その後はバーディを逃す展開に。2日目もボギーを叩いた13番パー4をボギーとすると、15番パー4でもボギー。「もったいなかった」と振り返る横峯は、最終的に3バーディ、2ボギーとスコアを1つ伸ばすに止まり、通算2アンダーの9位タイに終わった。

自身は優勝争いから脱落したが、同期入会の上原彩子が初優勝を飾り、「嬉しかったです!」と祝福。「サインを書いている横でテレビ中継していて、こっちが緊張していました」と、上原の優勝が決まった瞬間、真っ先に上原の元へと駆け寄った。同期の初勝利は、喜びと共に、少なからず横峯にも刺激を与えたことだろう。

おすすめ記事通知を受け取る

2008年 フジサンケイレディスクラシック




特集SPECIAL

全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには高木優奈プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。