ニュース

国内女子ワールドレディスチャンピオンシップ サロンパスカップの最新ゴルフニュースをお届け

追い上げならず!3位タイも悔しさの残った大会

2008/05/11 18:11


「ワールドレディスチャンピオンシップ サロンパスカップ」の最終日、横峯さくらは首位と3打差の4位タイから今季初優勝を目指してティオフした。

1番ホール、ティショットを右バンカーに入れた横峯だが、そこからの第2打をピン下2.5mにつけてバーディチャンスを迎えるが、フックラインのこのパットは、カップ左に外してしまう。それでも、2番、3番とパーで切り抜けると、4番パー5では5Wで2オンに成功し、2パットでバーディを奪う。続く5番でも、右ラフからの第2打をピンそば1mにつけて連続バーディ。通算4アンダーとスコアを伸ばし、首位と1打差に迫った。

しかし、要注意と話していた171ヤードの8番パー3で、ティショットを右バンカーの外側、左足下がりのラフに外すと、アプローチを大きくオーバー。2パットでボギーとしてしまう。続く421ヤードと距離の長い9番パー4はパーでまとめたが、折り返した直後の10番では、2段グリーン下からのパットを2m近くショートして3パットのボギーとし、優勝争いから一歩後退してしまう。

11番パー5でバーディを取り返したが、続く12番、13番と連続ボギー。最終ホールでもティショットを左に曲げてボギーとし、結局3バーディ5ボギーの「74」、通算イーブンパーでホールアウト。順位こそ3位タイに浮上したが、「後半でミスがあってもったいなかった」と悔しそうに振り返った。

「4日間でイーブンパーですが、最後はアンダーパーで回りたかった。もう少し攻められたら良かったけど、最後しか攻められなかった」と、不完全燃焼となった今大会。調子は悪くないだけに、高額賞金が掛かる次週での巻き返しに期待したい。

おすすめ記事通知を受け取る

2008年 ワールドレディスチャンピオンシップ サロンパスカップ




特集SPECIAL

全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには高木優奈プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。