ニュース

国内女子カゴメフィランソロピーLPGAプレイヤーズチャンピオンシップ―日本プロゴルフ殿堂設立支援トーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

惜しい!ホールインワン賞の300万円まであと10センチ

2008/07/27 18:06


「カゴメ フィランソロピーLPGAプレイヤーズチャンピオンシップ」最終日。3オーバー32位タイからスタートした横峯さくら。3日間、アンダーパーが出せず苦しんでいたが、前日のコメント通り最終日はアンダーパーをマーク。2アンダー「70」でホールアウトし、通算1オーバーの21位タイで終了した。

スタートの1番でボギーを叩いたが、3番パー5で確実にバーディを奪う。6番のパー5も3打目のアプローチでピン左奥1メートルにぴたりと付けバーディ。続く7番は、ティショットでフェアウェイの左ファーストカットからピン手前3メートルに寄せ連続バーディ。中盤は1バーディ、2ボギーとスコアを伸ばせずに苦戦。

そして迎えた16番146ヤードのパー3。8番アイアンで振りぬいたティショットはピンに向かって一直線。ギャラリーの大歓声に打った横峯もびっくりしたが、ボールはカップの縁で止まった。「惜しかったね!」と同組の選手に声をかけられて、ティグラウンドのボードを見た横峯は、初めてこのホールのホールインワン賞が300万円だったことを知った。

横峯はアマチュア時代を含めても生涯2回しかホールインワンを経験していない。プロの試合でも1回だけ出したが、アマチュアだったので賞金はもらえなかったという。

次週開催される「全英リコー女子オープン」に出場するために、月曜日には渡英する横峯。昨年は予選落ちに終わったが、今年はまず予選通過を狙う。そして横峯にとって最大の援軍が立ち上がった。父・良郎氏が、昨年に続き今年もキャディを行うことになったのだ。現在、国会は開催時期ではなく「お、その週空いてるぞ!」という良郎氏の一言で全英行きが決まった。

「昨年は、父と練習ラウンドをすることができなかったので、今回はしっかりと下見をして攻め方を考えたいです。親子という意識では良い結果にならないので、そういう意識を持たないで挑みます。いまのままでは予選落ちが見えているので、しっかり調整してベストを尽くしたいです」。

おすすめ記事通知を受け取る

2008年 カゴメフィランソロピーLPGAプレイヤーズチャンピオンシップ―日本プロゴルフ殿堂設立支援トーナメント




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!10月のマンスリーゲストには幡野夏生プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。