ニュース

国内女子マンシングウェアレディース東海クラシックの最新ゴルフニュースをお届け

いつも出遅れる初日に首位発進!

2008/09/19 18:12


台風が接近する中行われた、国内女子ツアー「マンシングウェアレディース東海クラシック」の初日。横峯さくらは5バーディ、1ボギーの4アンダーで諸見里しのぶと並び首位タイスタートとなった。

スタートの1番からティショットでフェアウェイをキープすると2打目でしっかりとグリーンを捉えた。3番までチャンスにつけながらもバーディを奪えなかったが、4番パー3では上り5メートルほどのバーディパットを沈め、5番パー5はイーグルパットで2メートルにつけ連続バーディ。8番も4メートルをしっかりと決め順調にスコアを伸ばした。

雨・風ともに強くなった後半もドライバーショットこそ右サイドのラフに捕まることがあっても、アイアンショットが冴えピンチというピンチは無かった。最終18番は2打目でグリーンを捉えるも、ピンまで12メートルのバーディパットを残し、そのパットはカップを1.5メートルオーバー。返しのパーパットを外しボギーフィニッシュとなった。

「最後のパットはもったいなかったですね。ストロークは悪くなかった。セカンドショットで突っ込めなかったのがダメでしたね」。ホールアウト後の一言目は、ボギーの反省だった。「初日はいつも出遅れるので、この天気でアンダーパーで回れたので良かったかなという感じです」。首位に立ちながら謙虚なコメントとなった。

この日バーディを奪った5ホールはパッティングのタッチが合っていたが、いくつかのホールで打ち切れずにショートする場面も見られた。練習グリーンではカップの先にティペグを差し、キャディが「ここまで打ちましょう」と日本語でアドバイス。横峯はその目標に向かって打つイメージで強めにカップの反対サイドの壁に当てるイメージでの練習を繰り返していた。横峯にとって待ち遠しい今季の1勝目、今週こそ最終日の18番を終えて最高の笑顔を見せてもらいたい。

おすすめ記事通知を受け取る

2008年 マンシングウェアレディース東海クラシック




特集SPECIAL

全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには高木優奈プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。