ニュース

国内女子マスターズGCレディースの最新ゴルフニュースをお届け

さくら、まずまずの2位タイ発進

2008/10/24 20:01


今季初優勝、そして逆転賞金女王への望みを託して、「マスターズGCレディース」に臨んだ横峯さくら。大会初日は、原江里菜若林舞衣子という年下2人とのペアリングで、10時06分にティオフした。

大勢のギャラリーの拍手を受けて1番パー5のティショットを放った横峯だが、その第1打は大きく左に曲げて、カート道まで達してしまう。つま先下がりのラフにドロップした2打目も、引っ掛かって左のラフへ。続く3打目を今度はグリーン右のラフに外し、アプローチを2mに寄せたが、このパーパットを決められない。バタバタした立ち上がりでスタートホールをボギーとしてしまう。

「ちょっと昨日から体調が悪くて…」と、スタートホールは集中力を欠いてしまったが、すぐに2番でバーディを取り返す。その後もチャンスにつけるが、バーディパットがカップに蹴られること2回。「いつもはかすりもしないので(笑)」と、これに悔しさよりも手ごたえを感じた横峯は、前半をイーブンパーで折り返した。

後半に入り、12番、15番と2つのパー5できっちりとバーディを奪い、16番でも2mを沈めて3アンダーまでスコアを伸ばす。だが、17番パー3でティショットをバンカーに入れてボギーとし、結局この日は4バーディ2ボギーの「70」、通算2アンダーの2位タイで終えた。

トップの大山志保とは5打差がついたが、アンダーパーで2位タイという成績には、まずまずといった表情の横峯。「まだ1日目が終わったばかりだし、賞金が高い試合で良い成績が残せるのは嬉しいけど、まずは1日1日良いプレーが出来るように頑張りたい」と、いつも通りのマイペースを貫いた。

おすすめ記事通知を受け取る

2008年 マスターズGCレディース




特集SPECIAL

全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには高木優奈プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。