ニュース

国内女子伊藤園レディスゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

上がり2ホール連続で池!横峯、苦手コースに沈む

2008/11/16 19:31


今季初優勝、そして逆転賞金女王への期待を受けて「伊藤園レディスゴルフトーナメント」の最終日に挑んだ横峯さくら。首位とは僅かに1打差の4位タイという好位置から、小雨の降る中をティオフした。

出だしの1番で幸先良くバーディを奪った横峯だが、続く2番でカラーから3パットしてボギーとしてしまう。その後は3番3m、4番2m、5番5mとバーディチャンスにつけるが、このパットは僅かずつカップを外れた。それでも6番以降3つのバーディを奪った横峯は、16番を終えて通算9アンダーへとスコアを伸ばした。

ここまで苦手コースを攻略してきた横峯だったが、上がり2ホールに悪夢が待っていた。グリーン左サイドに大きく池が口を開ける197ヤードの17番パー3。9Wでのティショットは、「左からフェードイメージで狙ったけど、真直ぐ行ってしまった」と痛恨の池ポチャ。3打目でピンそば1.5mにつけるも、このボギーパットも決まらずにダブルボギーとしてしまう。

これで集中力が切れたのか、続く18番でも2打目を「ちょっと引っ掛かってしまった」とグリーン左の池に入れ、ボギーフィニッシュ。2ホールで3ストローク落す、後味の悪い結末となってしまった。

「17、18はやっちゃいましたね」と落胆の表情の横峯。それでも、通算6アンダーの19位タイという結果には、「3日間通してアンダーパーは良いのかなと思います」と、成長の兆しも見えた。「最終的にはパットです」という横峯だが、果たして残り2試合で悲願の“優勝”に辿り着くことは出来るだろうか。

おすすめ記事通知を受け取る

2008年 伊藤園レディスゴルフトーナメント




特集SPECIAL

全米プロゴルフ選手権
タイガー・ウッズのメジャー2連勝、松山英樹のメジャー初制覇なるか。2019年「全米プロゴルフ選手権」特集
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!5月のマンスリーゲストには大里桃子プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。