ニュース

米国女子全米女子オープンの最新ゴルフニュースをお届け

2008年 全米女子オープン
期間:06/26〜06/29 インターラチェンCC(ミネソタ州)

「アンダーパーが出ないことはない」さくら、目標を上方修正

2008/06/28 14:39


「全米女子オープン」2日目は、7時33分と早いスタート時間となった横峯さくら。この日は、朝から曇り空で午前中は時折雨もぱらついたが、横峯がホールアウトする昼頃には、明るい太陽が顔をのぞかせた。だが、16時過ぎに雷雨の為に競技は一時中断。最終的にはホールアウト出来ない選手も出たが、横峯はサスペンデッドの影響を受けることはなかった。

初日の好調なショットをキープしたい横峯だったが、この日はドライバーショットの安定感を欠いてしまう。13番パー5のティショットは「ファー」の声と共に右のラフへ。3打目で左下のカラーまで運んだが、そこから3mに寄せて2パットのボギーとしてしまう。

ゆるい左ドッグレッグの15番では、今度はティショットをひっかけて、木の葉っぱをかすめながら左のラフへ入れてしまう。第2打をグリーン手前のバンカーに入れ、3打目もグリーンに届かず、4オン2パットのダブルボギー。通算1オーバーへスコアを落とした。

その後もバーディのあとにボギーが来る出入りの激しいゴルフが続く。結局この日は4バーディ4ボギー1ダブルボギーの「75」で、前日の貯金を吐き出し通算イーブンパー、暫定28位タイで大会2日目を終えた。

当初の目標としていた予選通過は確実としたが、課題も見えた予選ラウンド。「ショットが乱れていたので、修正しないと駄目ですね」と横峯。右足体重になってしまっている事が原因では、と自己分析した。

ラウンド中は、腰を伸ばしたり屈伸をしたりと、体の疲労もたまっている様子。それでも、「すごく疲れるけど、そんなこと言っていられない」と、弱音は吐かない。「今日はラフにいったところでボギーを叩いてしまって、もったいなかった。2日間やって、アンダーパーが出ないことはないと思ったので、明日からはアンダーパーを目指して頑張りたい」と、目標を上方修正して、決勝ラウンドに臨む。

おすすめ記事通知を受け取る

2008年 全米女子オープン




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには高木優奈プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。