ニュース

米国女子全米女子オープンの最新ゴルフニュースをお届け

2008年 全米女子オープン
期間:06/26〜06/29 インターラチェンCC(ミネソタ州)

キャディとのコンビでピンチ脱出!さくら、好スタート

2008/06/27 14:37


「全米女子オープン」初日は、午後1時14分のスタートとなった横峯さくら。練習ラウンドでは、午後に入ると風が強く吹きはじめたが、この日はそこまで風は強くならなかった。その代わり、午後の日差しは強烈。ジリジリと焼くような強い日差しが、容赦なく照りつけた。

スタートホールの1番では、第2打をピン右3.5mにつけてバーディ。続く2番パー5でも、2打目でグリーン手前まで運ぶと、そこから1mに寄せて連続バーディとした横峯。しかし、続く3番パー5では、3打目でピン下9mにつけたものの、上りのファーストパットを3m近くオーバーさせてしまい、返しを決められずにボギーとしてしまう。

それでも、安定感のあるプレーを続ける横峯は、7番で2.5m、続く8番パー3でも1mのバーディチャンスにつける。たが、これをことごとく外してパーとすると、9番では5mのバーディチャンスから、3パットしてボギー。通算イーブンパーで折り返した。

だが、このピンチを救ったのは、キャディのジョン・ベネット氏だった。ショートパット時に、フォロースルーでヘッドがすぐに上がってしまうことを、ジェスチャーと「クイック、クイック」という片言の英語で表現。「言われると気がつく」という横峯も、これをすぐに修正した。

2オンに成功した10番パー5、そして、続く11番と連続バーディで盛り返した横峯。15番でボギーを叩いたものの、16番で5mを沈めてバーディ。17番では3mのきわどいパーパットを沈めると、最終18番でも2mのパーパットをきっちり沈めて、後半に2つスコアを伸ばし「71」。通算2アンダーの12位タイで宮里らと並んで初日を終えた。

「このコースでアンダーパーは上出来です」と、笑顔の横峯。さすがに暑さは堪えたようで、「疲れましたね」と苦しそうな顔も見せたが、前日の体調不良はゆっくり休んで解消している。「今日は2つ貯金が出来たけど、明日も1ホール1ホール、パーを獲るつもりで頑張ります」と、まずは予選通過を目指すことは変わらない。それでも、今年参戦したクラフトナビスコ選手権では、4日間を通して尻上がりにスコアを上げているだけに、残り3日間の横峯の戦いに注目だ。

おすすめ記事通知を受け取る

2008年 全米女子オープン




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには高木優奈プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。