ニュース

国内女子廣済堂レディスゴルフカップの最新ゴルフニュースをお届け

さくら、不動に完敗の2位タイ

2007/05/27 00:00


2度追いついた不動裕理の背中だったが、終わってみれば5打差をつけられての完敗。猛暑の中、懸命な戦いを見せた横峯さくらだったが、元賞金女王との差は小さくなかった。

首位の不動と1打差でスタートした最終日。1番ホールで2mのバーディパットを沈めた横峯は、たった1ホールで首位に並ぶ。「前半で追いついたので、これは我慢すればと思ったのですが・・」。3番パー3でグリーン左端に切られたピンを攻めきれず、右上のカラーから3パットのボギーとしてしまう。しかし、5番パー5ではティショットを右のラフに入れながらも、セカンドをピン上6mにつけると、これをねじ込んでバーディ奪取。再びスコアを6アンダーに戻した。

8番では、ダブルボギーを叩いて6アンダーとなった不動に再び並んだ。しかし、9番、10番と連続バーディで巻き返す不動の勢いに押されたのか、横峯は11番で左足下がりのライからの第2打をダフってしまい、グリーン手前のバンカーへ。3打目はアゴに当たって出ただけとなり、そこから3mに寄せたが決めきれずに4オン2パットのダブルボギーとして、わずか3ホールでその差は一気に4打に広がった。

16番でバーディを奪い、5アンダーとして迎えた最終ホール。2オン可能なパー5だが、この日はティショットを右のラフに入れてしまう。そこから5Wでグリーンを狙ったが、グリーン左のカート道まで外してしまい、寄らず入らずのパー。「2打で届かない距離じゃないのに、3日間でバーディ1個っていうのは、やっぱり頭が悪いのかなって思います」と反省を口にした。

通算5アンダーは4人並んでの2位タイフィニッシュ。最終ホールが獲れていれば、単独2位になれただけに、「全然違いますよね」と苦笑い。それでも、「ダボの後、あきらめずに出来たのは良かったと思います」と収穫も口にした。今週は体調不良でプロアマを欠場しながら、夕方練習をしていた事で協会から罰を受けてしまった横峯だが、次週以降、きっちりと気持ちの整理もつけて、再びファンの前で魅力的なプレーを見せて欲しい。

おすすめ記事通知を受け取る

2007年 廣済堂レディスゴルフカップ




特集SPECIAL

全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには高木優奈プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。