ニュース

国内女子大王製紙エリエールレディスオープンの最新ゴルフニュースをお届け

桃子のガッツUSA!!

桃子、苦しみながら掴んだ5位

2009/11/22 16:45


前日のホールアウト後は、遅くまでパッティンググリーンで江連氏とストロークの確認を行っていた上田桃子。「大王製紙エリエールレディス」最終日は、通算6アンダーの9位タイから、ギャラリーの声援に笑顔を見せながらティオフした。

しかし、その1番でティショットを右ラフに入れると、2打目を左に曲げてウォーターハザードに入れてしまう。結局このホールをボギースタートとした上田は、「ドライバーも200ヤード位しか飛ばないし、前半はゴルフにならなかった」と振り返る。

それでも、今週から58度に代えて入れている60度のウェッジが威力を発揮する。6番ではバンカーからチップインバーディ、9番パー5でも残り50ヤードを30cmに寄せて楽々バーディとした。折り返した後半は14番から3連続バーディを奪って、この日「68」。通算10アンダーの5位タイで3日間の戦いを終えた。

「今日は80を打ってもおかしくなかった。耐えられるゴルフが出来たと思う」と上田。ショットの乱れは背中の痛みから派生しているが、「ショットは股関節、パターも向きだけ決めたら芯で打つことを意識した」と、苦しい中でも復調の手がかりは掴んでいた。

「今日はドローヒッターの私が、フェードしか出なかった。早く本来の球筋が出るようにしたい」と、好調にはほど遠いが、最終戦の舞台となる宮崎CCは「ドローヒッター向き」と上田は言う。「試合までは3,4日あるし、良い準備をして臨みたい」と、今季最終戦へ向け気を引き締めていた。

おすすめ記事通知を受け取る

2009年 大王製紙エリエールレディスオープン




特集SPECIAL

HIGHLIGHT 重永亜斗夢
プロゴルファーの躍動感溢れる身体と、プレー中とは異なる表情を、光と影のシンプルな世界観で表現したフォトギャラリー「HIGHLIGHT」。
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!5月のマンスリーゲストには丹萌乃プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!