ニュース

国内女子アクサレディスゴルフトーナメントの最新ゴルフニュースをお届け

桃子のガッツUSA!!

思わぬ負傷!何度も林に打ち込み14位タイに後退!

2008/08/09 18:30


国内女子ツアー「アクサレディスゴルフトーナメント」の初日に4アンダー2位タイと好スタートを切った上田桃子は、2日目にもスコアを伸ばし今季国内ツアー2勝目に王手をかける意気込みだった。

ところが、2番でティショットを右の林に打ち込みボギーを叩いてしまった。3番パー3は8番アイアンでピン奥2mに1オンしバーディを奪うが、その後もショットの乱れは修正できなかった。5番ではティショットが左の林に入り、2打目は横に出すだけ。3打目でピン手前6メートルに乗せ1パットでパーをセーブしたが、前半だけで4回も林に打ち込んでしまった。

「1ラウンドでこんなに林に入れたのは初めて。いつもなら少しでも前が空いていれば狙うのですが、今日は全部横か後ろに出すことしかできなかった・・・」。後半も13番で林に捕まるトラブルとなり、そこから3ホール連続でボギー。今日は2バーディ、6ボギーの4オーバー「76」という内容で、通算でもイーブンパーの14位タイまで後退してしまった。
「実は、昨夜自分の不注意で、化粧水のビンを足に落としてしまいました。痛み止めを飲みながらラウンドしましたが、左足に体重を乗せると痛みが出てしまって・・・」。スタート時にはテーピングをしていたが、5番のグリーン横でそのテーピングを外した。「ラインを読むときに体勢を取れなくて、どうせ痛いのならしてても取っても変わらないので外しました」。

痛いのは足だけではない。昨夜の時点で右の首と肩も痛みが出ていたという。肩の痛みは例年であれば最終戦のころ出るのだが、なぜか今回出てしまったと話す。長距離の移動など肉体的な疲労が一気に出てしまったのかもしれない。

最終日に向けては「昨日、ショットの調子が悪くなかったので優勝を狙えたらと思っていましたが、明日は自分の中ではとりあえず赤文字(アンダーパー)にできればいいなと思います」。と言い、練習場に向かった。首位とは4打差、まだまだあきらめる差ではない。

おすすめ記事通知を受け取る

2008年 アクサレディスゴルフトーナメント




特集SPECIAL

全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!
これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには高木優奈プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。