ニュース

米国女子エビアンマスターズの最新ゴルフニュースをお届け

2008年 エビアンマスターズ
期間:07/24〜07/27 エビアンマスターズGC(フランス)

桃子のガッツUSA!!

桃子、朴セリに学んだ静かな心で11位タイ

2008/07/26 09:30


フランスにあるエビアンマスターズGCで行われている「エビアンマスターズ」2日目、初日は運にも恵まれて2アンダーとした上田桃子は、得意コースで上位進出を目指すべく10時59分に1番ティからスタートした。

出だしの1番、第2打をピン左下1mにつけた上田だったが、このバーディパットはカップに蹴られてしまう。これが尾を引いたのか、前半はパーを拾う展開が続く。だが、9番パー5でピン下5mを沈めてようやくバーディを奪い、前半を1アンダーで折り返した。

後半に入り、ショットはグリーンを捉えるものの、7~8mのバーディパットが残り、なかなかチャンスが巡ってこない。それでも、13番でバーディを奪うと、最終18番パー5は2オンに成功。12mのイーグルパットは惜しくもカップをすり抜けたが、OKバーディを奪い、この日は3バーディノーボギーの「69」、通算5アンダーへとスコアを伸ばし、11位タイで終えた。

「危なげないゴルフが出来て、今日はあまり疲れなかったです」という上田。「ノーボギーが凄く良かった」と内容には手ごたえを感じている。

この日は韓国の英雄、朴セリと同組でラウンド。「すごく心が静かで、怒っていても冷静」と、朴セリの精神面にも刺激を受けた。「そういう平坦な気持ちでいるのは、私が今求めていること。冷静な自分はつまらないと思っているけど、心の中の感情をいかにコントロールできるかは重要。今日はセカンドがなかなかチャンスにつかなかったけど、冷静にいられたのはペアリングのラッキーだった」と、振り返った。

ムービングデーとなる3日目に向けては、「パー5できっちりとって、伸ばして行きたい」という上田。特に、ここ2年間で一個もバーディが獲れていない15番でのバーディ奪取に闘志を燃やした。

おすすめ記事通知を受け取る

2008年 エビアンマスターズ




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには高木優奈プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。