ニュース

米国女子全米女子オープンの最新ゴルフニュースをお届け

2008年 全米女子オープン
期間:06/26〜06/29 インターラチェンCC(ミネソタ州)

桃子のガッツUSA!!

桃子、「恵みの雨」で暫定9位タイへ浮上!

2008/06/28 09:30


大会初日は、調子が良いながらもゴルフが噛み合わず、通算1アンダーで終えた上田桃子。2日目は、午後1時36分に1番ティからティオフした。

最初にスコアが動いたのは6番ホール。ピン下8mから1mショートすると、このパットを外して3パットのボギーとしてしまう。前半は嫌な流れを変えることが出来ず、そのまま通算イーブンパーでホールアウト。折り返した10番パー5は、3打目をグリーン左のラフに外したところで、雷雨の為一時中断となった。

中断の間は、プレーヤーズラウンジで、テレビを見たり、他の選手と話したりしてリラックス出来たという上田。「前はプレーヤーズラウンジに一人で居るのは嫌だったけど、最近は名前も知って貰えてきたし、声を掛けたら話してくれる選手も増えた。今はすごい楽しみです」と、ツアーに馴染んできたことも大きい。

テレビで午前組のハイライトを見たという上田は、「アニカやスーザンが、難しいラフから打っているのを見て、『みんなも我慢しているんだな』」と、開き直ることが出来た。雨が上がってからは、再開後の最初のショットとなるアプローチ、そしてその後のパッティングをイメージして練習したという。その甲斐あって、2時間後に再開すると、アプローチを4mに寄せ、これを沈めてガッツポーズ。「あのパーが凄く大きかった」と振り返った。

前半は難しく感じていたというコースも、雨上がりの静けさとナイスパーで、「コースの表情が変わってきた」と感じたという。11番で4mを沈めてバーディを奪うと、日没が迫る中、17番で1.5m、18番パー5では第2打をグリーン手前まで運び、そこから50cmに寄せて連続バーディ。後半は3つスコアを伸ばして締めくくった。

この日2つスコアを伸ばして通算3アンダーとした上田は、暫定9位。ちょうど上田の組までがホールアウト出来るという運にも恵まれ、夕日で赤く染まる空の下で充実した表情を浮かべた。「トップが伸びていないのがラッキー」という上田。決勝ラウンドへ期待は膨らむ。

おすすめ記事通知を受け取る

2008年 全米女子オープン




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには高木優奈プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。