ニュース

米国女子サイベースクラシックの最新ゴルフニュースをお届け

2008年 サイベースクラシック
期間:05/15〜05/18 アッパーモントクレアCC(ニュージャージー州)

桃子のガッツUSA!!

上田桃子「ラインが見えない!」ラウンド後に2時間のパット練習!

2008/05/16 09:30


米国女子ツアー第12戦「サイベースクラシック」に出場している上田桃子。初日のラウンドは8時54分に1番ホールからスタートした。この日はショットが安定し、幾度とバーディチャンスを迎えた。しかし、思うようにパッティングが決まらず1オーバーの64位タイでホールアウトした。

5 番パー5は2オンに成功すると、ピン左12メートルのイーグルパットは決まらなかったが、バーディを奪う。7番のパー5もティショットはフェアウェイをキープ。ピン上5メートルに3オンしたが、バーディパットは2.5メートルオーバー。返しのパーパットも外してしまいボギーとなる。

10番も3パットでボギーを叩いた上田、その後最終18番までパープレーを続けたが、1メートルのバーディパットも外すなど、この日はパッティングに苦しんでしまった。ラウンド後の上田は「パターが入らず、なかなかスコアが出せませんでした。明日は良いパットを決めます」と言い、昼食後すぐに練習場に向かった。

これまで「米ツアーは流れが大事」と話していた上田だが、この日のラウンドを振り返りながら「流れに任せていないで、一球一球に集中することを考えます」と、テーマを変更。これまで2週連続で予選落ちが続いているが、そのことには一言も触れず練習に打ち込んだ。午後スタートの選手がホールアウトしても上田はパッティンググリーンで黙々とボールを打ち、2時から始めた練習は夕方の6時を過ぎても終わることはなかった。

おすすめ記事通知を受け取る

2008年 サイベースクラシック




特集SPECIAL

これから活躍が期待できるキラキラ輝く女子プロへインタビュー!8月のマンスリーゲストには高木優奈プロを迎え、普段では聴けない生トークを魅力全開でお届けします。
全米プロゴルフ選手権
1500万ドルのボーナスをかけたプレーオフの仕組みと歴史を分かりやすく解説。松山英樹の現在地も!

今週の特集記事  【ブルーダー】 ~もっと自分らしいゴルフ&ライフスタイルを~

 


【売り時を逃したくない方必見!】無料45秒の入力であなたの不動産の最高額が分かる!
ブラインドホールで、まさかの打ち込み・打ち込まれ!!ゴルファー保険でいつのプレーも安心補償!
2017年オリコン顧客満足度調査中古車情報サイト1位!あなたの賢いクルマ選びをサポートします。